各組織・器官におよぼす作用の過去問題[あ]

誤っているのはどれか。
(あ第1回-125)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩・マッサージ・指圧の刺激が、下垂体-副腎皮質系の活動に作用し、生体の疾病に対して効果的な反応を現すことを支持するという説はどれか。
(あ第1回-128)[あん摩マッサージ指圧理論]
ポリモーダル受容器の特徴で正しいのはどれか。
(あ第1回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
按撫法(軽擦法)が皮膚に及ぼす作用として適切でないのはどれか。
(あ第1回-133)[あん摩マッサージ指圧理論]
次の文で示す法則を提唱したのは誰か。
「弱刺激は神経機能を喚起し、中等度刺激はこれを興奮させ、強刺激はこれを抑制する。」
(あ第2回-127)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓の連関痛の特徴について正しい記述はどれか。
(あ第2回-128)[あん摩マッサージ指圧理論]
触・圧感覚を伝える伝導路はどれか。
(あ第2回-129)[あん摩マッサージ指圧理論]
痛みを抑制する刺激としてゲートコントロール説に最も合致するのはどれか。
(あ第2回-131)[あん摩マッサージ指圧理論]
疲労回復のマッサージ効果として適切でないのはどれか。
(あ第2回-133)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスという言葉を初めて用いたのは誰か。
(あ第2回-134)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋に対する揉捏法の作用として適切でないのはどれか。
(あ第3回-126)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧刺激による鎮痛のメカニズムを説明するのはどれか。
(あ第3回-129)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法の皮膚に及ぼす作用でないのはどれか。
(あ第4回-125)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓疾患の際に筋の過緊張を起こす反射はどれか。
(あ第4回-132)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法による触・圧覚を伝える神経線維はどれか。
(あ第5回-128)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧発汗反射の求心路はどれか。
(あ第5回-129)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩マッサージ指圧刺激による内臓機能の調整に関する反射はどれか。
(あ第5回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
頸動脈洞部の圧迫刺激により誘発される現象はどれか。
(あ第5回-131)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩マッサージ指圧の効果として適切でないのはどれか。
(あ第5回-132)[あん摩マッサージ指圧理論]
骨格筋の伸展運動に応答する受容器はどれか。
(あ第6回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
マッサージを求心性に行う理由で正しい記述はどれか。
(あ第6回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩施術により反射的に大腸の蠕動運動が亢進した。遠心路に関与する神経はどれか。
(あ第6回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
ツェルマーク反射を起こす圧迫部位はどれか。
(あ第6回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
ヘッド帯に関与する組合せはどれか。
(あ第6回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射の学説で、非圧迫側の反応について誤っているのはどれか。
(あ第6回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
汎適応症候群の学説を提唱したのは誰か。
(あ第6回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
指圧について誤っている記述はどれか。
(あ第7回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法によって生じる触覚の伝導に関与しないのはどれか。
(あ第7回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
セリエのストレス学説でストレス刺激に対する生体反応はどれか。
(あ第7回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンが提唱したのはどれか。
(あ第7回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンの緊急反応において主要な役割をしているのはどれか。
(あ第8回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
次の文に該当するのはどれか。
「生体は内外の環境変化によってその状態を変動させるが、ほぼ一定の準囲内に維持される。」
(あ第8回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧刺激の情報が後索路を通らないのはどれか。
(あ第9回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
手技による求心性の情報を伝えないのはどれか。
(あ第9回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓疾患の際、腰部の筋に過緊張を起こす反射の遠心路はどれか。
(あ第9回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
サイバネティックスの学説に関係するのはどれか。
(あ第9回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
手技による消化管機能の亢進作用で適切でないのはどれか。
(あ第10回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
サイバネティックスの語源はどれか。
(あ第10回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
振せん法によって興奮する受容器のうち適切でないのはどれか。
(あ第11回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓疾患の際に筋緊張を起こす機序はどれか。
(あ第11回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。
(あ第11回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧覚に関与しないのはどれか。
(あ第12回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
多様な刺激に対する生体反応で、下垂体-副腎皮質系の重要性を指摘しているのはどれか。
(あ第12回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧覚の伝導路として適切でないのはどれか。
(あ第13回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。
(あ第13回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
体性-内臓反射に基づく施術で第7~11胸神経支配の筋への圧迫法が適応となる症状はどれか。
(あ第14回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋性防御の反射弓に関与しないのはどれか。
(あ第14回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓-体性反射によるのはどれか。
(あ第14回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩の基本手技と受容器との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第15回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
マッサージによるそう快感をもたらす脳内物質として適切なのはどれか。
(あ第15回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
肩こりに対する温熱療法が筋緊張を改善する機序として適切でないのはどれか。
(あ第15回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスに最も関係の深い中枢はどれか。
(あ第15回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射に関与しないのはどれか。
(あ第16回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
皮膚の触圧受容器として誤っているのはどれか。
(あ第17回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓に病変があると体幹の筋に持続的収縮を起こす反射はどれか。
(あ第17回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンの緊急反応時にみられる生体現象として誤っているのはどれか。
(あ第17回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
母指圧迫法の刺激を伝導するのはどれか。
(あ第18回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
古法あん摩の利関の術によって興奮しない受容器はどれか。
(あ第18回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンの緊急反応において主要な役割を果たしているのはどれか。
(あ第18回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
患者を左側臥位で寝かせておいた時、発汗の促進がみられるのはどれか。
(あ第18回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
マッサージの軽擦法による作用はどれか。
(あ第19回-142)[あん摩マッサージ指圧理論]
指頭振せん法の刺激の伝達に関与するのはどれか。
(あ第19回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
背部のあん摩施術により胃部不快感が軽減した。どの反射によるものか。
(あ第19回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋に対するマッサージの作用でないのはどれか。
(あ第19回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法の刺激の伝導に関与するのはどれか。
(あ第20回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
腹部へのマッサージ刺激により胃運動が抑制されるのはどの反射によるものか。
(あ第20回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射に関与するのはどれか。
(あ第20回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦刺激の求心路に関係するのはどれか。
(あ第21回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓-運動反射が関与するのはどれか。
(あ第21回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射において圧迫側でみられるのはどれか。
(あ第21回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
振せん法によって興奮する受容器はどれか。
(あ第22回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンが提唱した学説と関連するのはどれか。
(あ第22回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
手掌圧迫法の刺激を伝導するのはどれか。
(あ第23回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法で生じる鎮痛効果に関与するのはどれか。
(あ第23回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
交感神経-アドレナリン系の反応による調節と関係するのはどれか。
(あ第23回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法の刺激の受容に関与するのはどれか。
(あ第24回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
キャノンが提唱する緊急反応でみられるのはどれか。
(あ第24回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
骨格筋の伸張に応じる受容器はどれか。
(あ第25回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
Ib抑制を利用して右腓腹筋の筋緊張を軽減させるのに適切な圧迫部位はどれか。
(あ第25回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
眼球部への圧迫刺激により徐脈が起こるのはどれか。
(あ第25回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射で圧迫側にみられるのはどれか。
(あ第25回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧迫法に反応する受容器で表皮に存在するのはどれか。
(あ第26回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法の刺激の伝導に関与するのはどれか。
(あ第26回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
疼痛部位への軽擦法により賦活する鎮痛系の特徴はどれか。
(あ第26回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
左鼻閉に対し、圧自律神経反射を利用して症状を改善しようとする場合、押圧する部位で最も効果があるのはどれか。
(あ第26回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法による心地良さをもたらす脳内物質として適切なのはどれか。
(あ第27回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
前腕への軽擦法の刺激を伝える一次性ニューロンが二次性ニューロンに交代する部位はどれか。
(あ第27回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋性防御の出現に関与しないのはどれか。
(あ第27回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
経皮的神経電気刺激法(TENS)の開発につながった学説はどれか。
(あ第27回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
圧自律神経反射において皮膚圧迫側の変化はどれか。
(あ第27回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
汎適応症候群の学説において交絡感作がみられる時期はどれか。
(あ第27回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
Ⅰb抑制を利用し、最も効果的に筋を弛緩させる刺激部位はどれか。
(あ第28回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
軽擦法によるオキシトシン放出で重要な部位はどれか。
(あ第28回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
生体に加えられた種々の刺激が、下垂体-副腎皮質系を賦活することを指摘しているのはどれか。
(あ第28回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
各組織・器官におよぼす作用の過去問題[あ]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す