適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

耳鳴や難聴の鍼灸治療について誤っているのはどれか。
(はき第1回-132)[東洋医学臨床論]
腹痛のうち鍼灸治療が適応となる状況はどれか。
(はき第2回-130)[東洋医学臨床論]
不眠に伴う症状で鍼灸治療が最も適応となるのはどれか。
(はき第3回-137)[東洋医学臨床論]
婦人科系の症状で鍼灸治療が最も適応するのはどれか。
(はき第3回-138)[東洋医学臨床論]
下部頸椎棘突起直側に刺鍼することで最も治療効果が期待できる症状はどれか。
(はき第5回-125)[東洋医学臨床論]
鍼施術が有効な睡眠障害で最も適切なのはどれか。
(はき第23回-118)[東洋医学臨床論]
月経痛を訴える患者で鍼灸治療が最も適するのはどれか。
(はき第24回-128)[東洋医学臨床論]
適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

高血圧症患者について施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第1回-147)[東洋医学臨床論]
腹痛時の施術が適応となるのはどれか。
(あ第1回-150)[東洋医学臨床論]
めまいを訴える疾患に対して全身マッサージが効果的と考えられるのはどれか。
(あ第2回-137)[東洋医学臨床論]
胸痛のうち施術対象となる状況はどれか。
(あ第2回-138)[東洋医学臨床論]
月経異常に対して施術の最も適応性の高いのはどれか。
(あ第2回-140)[東洋医学臨床論]
腹部に施術を行ってもよい腹痛はどれか。
(あ第3回-143)[東洋医学臨床論]
排尿異常をきたす疾患で施術が適応となるのはどれか。
(あ第3回-148)[東洋医学臨床論]
施術の対象として適当なのはどれか。
(あ第4回-135)[東洋医学臨床論]
悪心・嘔吐に対する施術に当たって適応となる原因疾患はどれか。
(あ第4回-143)[東洋医学臨床論]
関節疾患で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-135)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-136)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-147)[東洋医学臨床論]
施術が適応する食欲不振の状態はどれか。
(あ第6回-135)[東洋医学臨床論]
施術が適応するインポテンツはどれか。
(あ第6回-138)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術対象となるのはどれか。
(あ第7回-126)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第7回-135)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-137)[東洋医学臨床論]
腹痛で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-138)[東洋医学臨床論]
めまいと耳鳴りを訴える疾患で、頭頸部への局所治療が最も効果的なのはどれか。
(あ第8回-139)[東洋医学臨床論]
悪心や嘔吐の症状に対し、施術の対象として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-132)[東洋医学臨床論]
腹痛に対して施術の適応とならないのはどれか。
(あ第9回-135)[東洋医学臨床論]
胸痛に対する施術で適応性が最も高いのはどれか。
(あ第10回-138)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う月経痛で施術対象として適切でないのはどれか。
(あ第13回-135)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
めまいの原因疾患で全身あん摩が適切なのはどれか。
(あ第14回-133)[東洋医学臨床論]
施術対象となる頭痛はどれか。
(あ第15回-123)[東洋医学臨床論]
月経痛を伴う疾患で、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第16回-132)[東洋医学臨床論]
月経痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-131)[東洋医学臨床論]
腹痛に対し、最も施術の適応となるのはどれか。
(あ第17回-132)[東洋医学臨床論]
月経痛に伴う所見のうち最も施術が適応するのはどれか。
(あ第23回-123)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
マッサージで改善が期待できるのはどれか。
(あ第24回-140)[東洋医学臨床論]
適応する疾患・症状の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

適切でない施術、危険、注意の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

高齢者の鍼灸治療上の配慮で誤っているのはどれか。
(はき第1回-129)[東洋医学臨床論]
下痢の対応で誤っているのはどれか。
(はき第1回-133)[東洋医学臨床論]
胸部の帯状疱疹痛について適切でない施術はどれか。
(はき第2回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する局所施術で適切でないのはどれか。
「35歳の女性。左膝が痛み、熱感と腫脹がある。血液検査ではRAテスト陽性、CRP値は高い。」
(はき第4回-133)[東洋医学臨床論]
円形脱毛症に対する鍼灸治療で適切でないのはどれか。
(はき第5回-138)[東洋医学臨床論]
高齢者の肺気腫に対する鍼施術で気胸を起こさないよう注意しなければならない経穴はどれか。
(はき第6回-140)[東洋医学臨床論]
疲労に対する鍼灸治療で最も慎重にしなければならないのはどれか。
(はき第9回-138)[東洋医学臨床論]
頭痛で頭部局所への刺鍼により血管拡張を引き起こし、症状を増悪させる恐れがあるのはどれか。
(はき第10回-130)[東洋医学臨床論]
鍼施術で気胸を起こさないよう注意しなければならない経穴はどれか。
(はき第11回-137)[東洋医学臨床論]
小児気管支喘息の発作予防の施術で適切でないのはどれか。
(はき第13回-130)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。肩痛に対する鍼治療を受けた後から咳、胸痛、呼吸困難、冷汗が出現した。声音振盪が減弱している。」
最も優先されるべき検査はどれか。
(はき第17回-137)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。肩痛に対する鍼治療を受けた後から咳、胸痛、呼吸困難、冷汗が出現した。声音振盪が減弱している。」
「深く刺しすぎると呼吸困難を引き起こす」と指摘されている経穴はどれか。
(はき第17回-138)[東洋医学臨床論]
骨にあいている孔に気づかず膻中穴へ深く直刺した場合、損傷の可能性の最も高い器官はどれか。
(はき第19回-126)[東洋医学臨床論]
下肢のしびれを訴え血液検査で空腹時血糖とHbA1cが高値を示している患者の局所に施灸する場合、最も感染のリスクが高いのはどれか。
(はき第19回-127)[東洋医学臨床論]
直刺で刺鍼する場合、気胸を起こす危険性が最も高い経穴はどれか。
(はき第20回-130)[東洋医学臨床論]
肩こりに対する頸肩部の鍼治療を行う場合、脳虚血を起こしやすい体位はどれか。
(はき第21回-126)[東洋医学臨床論]
鍼施術で気胸を起こすリスクが最も高い経穴はどれか。
(はき第29回-127)[東洋医学臨床論]
適切でない施術、危険、注意の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

応急処置の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

次の文で示す患者への初期対応で適切でないのはどれか。
「86歳の女性。8月の日中に開かれたゲートボール大会でめまい感、悪心、軽い頭痛を訴えた。発汗量は少ない。バイタルサインに異常は認めない。」
(はき第23回-125)[東洋医学臨床論]
応急処置の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}