痺証の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

湿度が高くなると症状が増悪する痺証はどれか。
(はき第13回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で適切なのはどれか。
「57歳の女性。体型はやや肥満で、膝の内側に重だるい痛みを訴える。雨の日は症状が増悪し、下腿がむくむ。疲れやすく軟便になりやすい。」
(はき第15回-121)[東洋医学臨床論]
頸肩腕痛を伴う痹証で、脾胃の運化機能の改善と湿の除去を治療方針とするのはどれか。
(はき第16回-122)[東洋医学臨床論]
「28歳の女性。11月頃より肩甲部から上肢にかけて重だるさと痛みが出現した。また食後の腹脹と下痢がある。寒冷により症状は増強し、温めると軽減する。」
痹証とした場合、適切なのはどれか。
(はき第17回-135)[東洋医学臨床論]
着痹に対して補瀉を考えて刺鍼する場合の適切な手法はどれか。
(はき第28回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。
「51歳の男性。2日前に強い寒冷環境で長時間の作業をした後、肩に固定性の痛みとこわばりが生じた。舌は淡、脈は緊を認める。」
(はき第29回-147)[東洋医学臨床論]
痺証の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

東洋医学的治療原則の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

治療原則で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-125)[東洋医学臨床論]
東洋医学的治療原則で適切でないのはどれか。
(あ第14回-123)[東洋医学臨床論]
東洋医学的治療原則の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

東洋医学的治療原則の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

東洋医学的な治療原則で適切なのはどれか。
(はき第6回-125)[東洋医学臨床論]
霊枢経脈篇の治療原則で正しい記述はどれか。
(はき第8回-125)[東洋医学臨床論]
東洋医学的な治療原則で誤っているのはどれか。
(はき第9回-125)[東洋医学臨床論]
東洋医学的治療原則について誤っている記述はどれか。
(はき第13回-125)[東洋医学臨床論]
東洋医学的な治療原則として誤っている記述はどれか。
(はき第17回-119)[東洋医学臨床論]
東洋医学的治療原則の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

古代刺法の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

筋肉のひきつりや、こりに適した十二刺の刺法はどれか。
(はき第2回-125)[東洋医学臨床論]
後頭部の痛みに対し、遠道刺として取穴される要穴はどれか。
(はき第12回-126)[東洋医学臨床論]
足の冷えに用いる刺法で適切なのはどれか。
(はき第13回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する刺法として適切なのはどれか。「45歳の女性。冷感が足先から膝や腰まで上がり、下痢しやすい。」
(はき第17回-123)[東洋医学臨床論]
半腱様筋の痛みに対し、五刺の刺法を用いて施術する場合、適切な部位はどれか。
(はき第18回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に古代刺法を適用する場合、適切なのはどれか。
「70歳の男性。脈の不整と共に動悸、息切れを自覚するようになった。」
(はき第19回-124)[東洋医学臨床論]
施術中に患者の訴える痛みの部位が移動し一定しない。このような場合に十二刺の刺法で適切なのはどれか。
(はき第20回-125)[東洋医学臨床論]
痛む所が定まらない患者に対し、その部位を追いかけて次々と繰り返し刺鍼する十二刺はどれか。
(はき第22回-122)[東洋医学臨床論]
「63歳の男性。手のふるえ、歩行困難、歯車様の筋強剛がみられる。」
本患者の臓腑病証に基づいて九刺による鍼治療を行う場合の組合せで適切なのはどれか。
(はき第24回-136)[東洋医学臨床論]
十二刺のうち、筋の異常緊張に対して関節近傍の腱に刺鍼するのはどれか。
(はき第26回-124)[東洋医学臨床論]
頑固な腰痛に対する治療で、腰部に鍼を2本使用して行うのはどれか。
(はき第28回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して十二刺の刺法に基づき治療する場合、刺鍼部位の指標となるのはどれか。
「足先の強い冷えを感じ、ときには腰まで冷えが上ってくる。下痢をしやすい。」
(はき第29回-150)[東洋医学臨床論]
古代刺法の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

デルマトームの過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

治療原則で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-125)[東洋医学臨床論]
勃起障害(ED)に対して陰茎を支配する神経のデルマトームヘ施術する場合、適切なのはどれか。
(あ第18回-132)[東洋医学臨床論]
「16歳の女性。主訴は月経痛。初経後2年で発症した。痛みは月経開始日に最も強く、翌日には軽快する。痛みの性質はけいれん様で、排便痛などは伴わない。超音波検査異常なし。」
この患者の月経痛の指圧治療を体性-内臓反射理論に基づいて行うとすれば、最も適切なデルマトームはどれか。
(あ第21回-138)[東洋医学臨床論]
デルマトームの過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

障害の評価の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

変形性膝関節症に伴う筋萎縮の評価法で最も適切なのはどれか。
(あ第13回-133)[東洋医学臨床論]
大腿四頭筋のMMTが4の運動選手がさらに筋力を強化するための訓練で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-131)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。3か月前に脳梗塞を発症し右半身に麻痺が残った。座位にて患側の股関節・膝関節・足関節の集団屈曲運動はできるようになったが、個々の関節の単独運動はできない。」
下肢のブルンストロームステージで該当するのはどれか。
(あ第24回-135)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常生活機能を評価するのに最も適切なのはどれか。
(あ第25回-120)[リハビリテーション医学(東洋医学臨床論)]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
本症例のブルンストローム回復ステージ(6段階)はどれか。
(あ第25回-137)[東洋医学臨床論]
高齢者に対して、立ったままの姿勢で90度前方挙上した上肢を、できる限り前方へ伸ばしていき、倒れないところで止めて、またもとの位置に戻す動作(ファンクショナルリーチテスト)を行わせて評価するのはどれか。
(あ第26回-122)[東洋医学臨床論]
高齢者の認知機能の評価法はどれか。
(あ第27回-129)[東洋医学臨床論]
痛みの評価法で、患者が想像できる最大の痛みを10とし、0から10の 11段階で現在の痛みの程度を評価する方法はどれか。
(あ第28回-121)[東洋医学臨床論]
「60歳の男性。200m程の歩行で左大腿後側から下腿外側にかけて痛む。ケンプ徴候陽性。第5趾に触覚の鈍麻がみられる。」
痛みを評価する方法として最も適切なのはどれか。
(あ第21回-139)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常動作において、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)のチェック項目に該当するのはどれか。
(あ第23回-132)[東洋医学臨床論]
指床間距離を評価として用いるのはどれか。
(あ第24回-112)[東洋医学臨床論]
改訂長谷川式簡易知能評価スケールの評価項目で正しいのはどれか。
(あ第24回-129)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。朝起きると顔の右半分が動かしにくい。眉毛を上げたり目を閉じたりする動作が鈍く、口角から水がもれる。顔に痛みや発疹はない。」
本疾患について正しいのはどれか。
(あ第29回-145)[東洋医学臨床論]
障害の評価の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

障害の評価の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

高齢者の運動器の機能評価に用いるのはどれか。
(はき第24回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す高齢者の機能評価はどれか。
「椅子から立ち上がり、3m先の目印を回って、再び椅子に座るまでの歩行時間を測定する。」
(はき第25回-129)[東洋医学臨床論]
「24歳の男性。1か月前から右下肢痛を自覚。近医を受診してMRI検査にて椎間板ヘルニアと診断された。SLRテスト陽性。アキレス腱反射減弱。」
痛みを評価する方法として最も適切なのはどれか。
(はき第25回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する鍼灸の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
「62歳の女性。主訴は肩こり。半年ほど前から興味や喜びがわかなくなり、食欲が減退し、よく眠れず朝早く目が覚める。疲れやすく思考力が低下している。幻覚や記憶の障害はなく、動悸、めまいもない。」
(はき第26回-127)[東洋医学臨床論]
高齢者の歩行能力に対する鍼治療の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
(はき第27回-127)[東洋医学臨床論]
より高次な生活能力を評価する指標(老研式活動能力指標)に含まれる項目はどれか。
(はき第27回-134)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する評価法とその目的との組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-132)[東洋医学臨床論]
障害の評価の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

あん摩・マッサージ・指圧手技の過去問題[臨《質》]

20歳の女性。数年前より時々側頭部に発作的な拍動性の痛みがある。医療機関の検査では頭蓋内病変はないという。治療として誤っているのはどれか。
(あ第1回-140)[東洋医学臨床論]
単純性不眠症に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第1回-141)[東洋医学臨床論]
肋間神経痛の施術について誤っているのはどれか。
(あ第1回-142)[東洋医学臨床論]
気管支喘息発作中の施術で有効なのはどれか。
(あ第1回-144)[東洋医学臨床論]
80歳の男性。高血圧で薬物治療中。最近睡眠が浅く肩がこるという。施術として適切なのはどれか。
(あ第1回-145)[東洋医学臨床論]
40歳の男性。朝、顔を洗った後に左の下眼瞼から上唇にかけて数分間激しく痛み、発作は夕方までに数回あった。神経経路上に圧痛点がある。治療として正しいのはどれか。
(あ第1回-146)[東洋医学臨床論]
30歳の女性。1年前から発作的な回転性眩暈、耳鳴と難聴がある。施術として正しいのはどれか。
(あ第1回-148)[東洋医学臨床論]
コンピュータ作業による眼精疲労の治療として誤っているのはどれか。
(あ第2回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「35歳の男性。数年前から便秘が続き、4、5日に一回、太く長い便を出す。」
(あ第2回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への施術で誤っているのはどれか。
「41歳の男性。2年前に交通事故に遭い、上肢外側部に痛みとしびれとが持続している。」
(あ第2回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療として適切でないのはどれか。
「60歳の男性。数ヶ月前から徐々に腰が痛くなり、最近では右下肢後側も痛むようになった。」
(あ第2回-144)[東洋医学臨床論]
本態性高血圧症の治療として適切でないのはどれか。
(あ第2回-146)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応として適切でないのはどれか。
「55歳の男性。職業は引っ越し業。10年前から腰痛があり、夕方になると増強する。」
(あ第3回-139)[東洋医学臨床論]
緊張性頭痛に対する治療として適切でないのはどれか。
(あ第3回-140)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の顔面マッサージ手技として適切でないのはどれか。
(あ第3回-141)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎に対する治療法で適切でないのはどれか。
(あ第3回-145)[東洋医学臨床論]
月経困難症に対する施術として適切でないのはどれか。
(あ第3回-147)[東洋医学臨床論]
三叉神経第1枝痛に対する母指圧迫を行う部位で適切なのはどれか。
(あ第4回-138)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-142)[東洋医学臨床論]
根性坐骨神経痛の治療法として適切でないのはどれか。
(あ第4回-144)[東洋医学臨床論]
顔面神経麻痺に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-147)[東洋医学臨床論]
尺骨神経痛の施術部位と手技との組合せで適切なのはどれか。
(あ第5回-141)[東洋医学臨床論]
治療原則で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-125)[東洋医学臨床論]
片頭痛の対応で適切でないのはどれか。
(あ第6回-126)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でない記述はどれか。
(あ第6回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の男性。主訴は腰痛。腰は重だるく起床時に痛むが、運動とともに改善する。」
(あ第6回-133)[東洋医学臨床論]
乳汁分泌不全に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第6回-136)[東洋医学臨床論]
円形脱毛症に対する施術で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-137)[東洋医学臨床論]
気管支喘息患者への対応で適切でない記述はどれか。
(あ第7回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「26歳の女性。胃腸が弱く下痢と便秘を繰り返す。精神的ストレスが加わると症状が悪化する。」
(あ第7回-137)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第7回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「65歳の女性。やせ型。主訴は腰痛。医療機関で骨粗鬆症と診断されている。発症後5年を経過し、ADL上大きな支障はない。」
(あ第7回-140)[東洋医学臨床論]
施術として誤っているのはどれか。
(あ第8回-125)[東洋医学臨床論]
椎間板ヘルニアによる根性坐骨神経痛の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-130)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症の治療で適切でないのはどれか。
(あ第8回-136)[東洋医学臨床論]
疾患の症状に対して最も慎重にしなければならない局所施術法はどれか。
(あ第9回-139)[東洋医学臨床論]
神経痛で出現する圧痛点に行う手技として最も適切なのはどれか。
(あ第10回-125)[東洋医学臨床論]
肩背部のマッサージで最初に行う基本手技はどれか。
(あ第11回-127)[東洋医学臨床論]
間欠跛行のある腰部脊柱管狭窄症の患者への対応で適切でないのはどれか。
(あ第11回-133)[東洋医学臨床論]
梨状筋症候群の病態に対する治療法で適切なのはどれか。
(あ第11回-134)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症による腰背部痛の局所治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-136)[東洋医学臨床論]
のぼせに対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第11回-137)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。建設作業員。4か月程前から上肢の動作時に肩関節部が痛む。最近、可動範囲が狭くなり、洗髪動作が困難となった。自発痛はなく上肢への放散痛もない。」
罹患局所への治療法で適切でないのはどれか。
(あ第11回-140)[東洋医学臨床論]
頸・肩のこりに対する局所施術で二指把握揉捏法を行うのはどれか。
(あ第12回-129)[東洋医学臨床論]
寝たきり老人に対する施術で最も注意が必要なのはどれか。
(あ第12回-132)[東洋医学臨床論]
病態と治療法との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-125)[東洋医学臨床論]
片頭痛発作時の局所施術で適切なのはどれか。
(あ第13回-126)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の施術として誤っているのはどれか。
(あ第13回-127)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-128)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、指頭圧迫法を行う適切な部位はどれか。
(あ第13回-130)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。1か月前に自動車事故で受傷した。頸部を後屈すると上肢の疼痛・しびれが強くなる。上腕二頭筋反射減弱。」
頸部への治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-140)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
菱形筋への施術に用いる手技で適切でないのはどれか。
(あ第16回-126)[東洋医学臨床論]
骨粗鬆症患者に対する施術で最も注意が必要なのはどれか。
(あ第17回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療で適切でないのはどれか。
「60歳の女性。数年前から膝が痛む。膝の熱感・腫脹はない。」
(あ第17回-126)[東洋医学臨床論]
頭痛で局所への揉捏により血管拡張を引き起こし、症状を増悪させる恐れがあるのはどれか。
(あ第18回-120)[東洋医学臨床論]
緑内障による眼圧亢進がみられる患者へ指頭圧迫法を行う際、最も慎重に施術しなければならない経穴はどれか。
(あ第18回-130)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。主訴は心窩部痛、胃もたれ。職業上ストレスが多い。胃潰瘍と診断され、薬物を服用中。指圧治療を希望して来院。」
心窩部痛の軽減を目的とした圧痛点への指圧法はどれか。
(あ第18回-140)[東洋医学臨床論]
三叉神経第2枝痛に対し、母指圧迫を行う局所施術部位はどれか。
(あ第19回-123)[東洋医学臨床論]
体位ドレナージ(排痰法)で併用する手技として適切なのはどれか。
(あ第19回-127)[東洋医学臨床論]
「52歳の女性。じゅうたんをたわしで洗浄した翌日から頭部全体に締め付けられるような非拍動性の痛みが出現した。悪心・嘔吐、流涙・結膜充血は伴わない。眼底検査では異常を認めなかった。」
頭部への局所施術で適切でないのはどれか。
(あ第19回-140)[東洋医学臨床論]
疲労時に下顎大臼歯が痛む患者に対して指頭圧迫を行う場合、最も適切な局所治療穴はどれか。
(あ第20回-124)[東洋医学臨床論]
腰椎椎間板ヘルニアによる下腿外側の痛みに対し、母指圧迫を行う局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第20回-131)[東洋医学臨床論]
「56歳の女性。2年前に右乳癌で同側の全乳腺切除術と腋窩リンパ節の郭清を受けた。胸筋は温存されている。上腕の周径は右27cm、左24cm。右の腋窩部から上腕後側部の重だるさを訴えて来院した。」
この患者の患肢に対するマッサージ施術で最も効果が期待される術式はどれか。
(あ第20回-140)[東洋医学臨床論]
小児夜尿症に対する仙骨部への施術で用いない手技はどれか。
(あ第21回-130)[東洋医学臨床論]
腋窩リンパ節郭清術後の上肢の浮腫に対し、還流促進を目的に局所に行うマッサージ施術として最も適切なのはどれか。
(あ第23回-119)[東洋医学臨床論]
VDT症候群による眼精疲労の施術で揉捏法を行う経穴として最も適切なのはどれか。
(あ第23回-128)[東洋医学臨床論]
小海への圧迫法が最も有効なのはどれか。
(あ第23回-130)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝の神経痛に持続圧迫法を行う際の治療穴で適切なのはどれか。
(あ第24回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して圧迫法を行う経穴で最も適切なのはどれか。
「23歳の女性。食事の時に涎が出にくい。雨降り前になると気分がすぐれず、食欲がない。上下肢に内出血ができやすい。」
(あ第28回-114)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対し、腹部に軽擦法を施す場合の方向として最も適切なのはどれか。
(あ第29回-111)[東洋医学臨床論]
肩関節の後面に慢性的な痛みとこりを訴える患者に対し、経脈の流注を考慮して母指圧迫をする場合、適切な絡穴はどれか。
(あ第29回-135)[東洋医学臨床論]
あん摩・マッサージ・指圧手技の過去問題[臨《質》]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}