【まとめ!】難経六十九難


六十九難の補瀉法とは、「虚すれば其の母を補い、実すれば其の子を瀉す」という考えの元に、臓腑・経絡の五行性格を用いて取るべき経穴を決定しようとするものです。


関連する臓腑を現した五行の図
五行の相生と相克

この方法では、2つの経穴を選びます。
例えば、肝(木)と診断された場合、「木」の母にあたる「水」をキーワードにして経穴が決まります。まず1つめは、自経の「水」穴。2つめは、「水」の経絡である腎経の「水」穴。それらに補法をすることで、肝(木)を補うことが出来るというわけです。

逆に肝(木)の場合には、その子供の「火」をキーワードにして、自経の「火」穴と、「火」経の「火」穴に瀉法を行います。


これを表にすると、以下のようになります。


補  法瀉  法
虚経選穴実経選穴
木経木経の水穴水経の水穴 木経木経の火穴火経の火穴
火経火経の木穴木経の木穴 火経火経の土穴土経の土穴
土経土経の火穴火経の火穴 土経土経の金穴金経の金穴
金経金経の土穴土経の土穴 金経金経の水穴水経の水穴
水経水経の金穴金経の金穴 水経水経の木穴木経の木穴

(どの経穴が〇経の〇穴というのは、【まとめ!】五兪穴・五行穴の一覧表を参照)


で、それって実際にはどの経穴?っていうのをまとめたのが、↓下の表です。語呂も絞り出しときました。


症状取穴語呂
曲泉陰谷環境により曲芸せんインコ。
[肝虚(により)曲(芸)泉、陰谷]
少衝大敦新居で少々ダイエット。
[心虚(で)少衝、大敦]
大都少府卑怯な大と小婦。
[脾虚(な)大都、少府]
太淵太白廃墟で大変、タイ泊。
[肺虚(で)太淵、太白]
復溜経渠ジン、今日フリューツ(フルーツ)ケーキよ。
[腎、虚、復溜(ーツ)経渠]
症状取穴語呂
行間少府感じ好感娼婦。
[肝実、行間、少府]
神門太白真実を審問で絶対吐く。
[心実(を)神門(で)(ぜっ)太白]
商丘経渠肘痛、ショー休憩今日。
[脾実、商丘、経渠]
尺沢陰谷ハイジ、借宅 in 国。
[肺実、尺沢、陰谷]
湧泉大敦人事優先ダイエット。
[腎実、湧泉、大敦]

さらに、臨床では心経を使わず心包経を代わりに使う場合があるということで、心包の経穴をプラスしたのが、以下↓の表です。

第29回はり師きゅう師問題で心包経の経穴が出題されたので、こちらで覚えた方が良いかも。


症状取穴語呂
曲泉陰谷環境により曲芸せんインコ。
[肝虚(により)曲(芸)泉、陰谷]
少衝
中衝
大敦新居で少々中傷ダイエット。
[心虚(で)少衝、中衝、大敦]
大都少府
労宮
卑怯な大と小婦 はろくでなし。
[脾虚(な)大都、少府(は)労宮(でなし)]
太淵太白廃墟で大変、タイ泊。
[肺虚(で)太淵、太白]
復溜経渠ジン、今日フリューツ(フルーツ)ケーキよ。
[腎、虚、復溜(ーツ)経渠]
症状取穴語呂
行間少府
労宮
感じ好感娼婦はろくでなし。
[肝実、行間、少府(は)労宮(でなし)]
神門
大陵
太白真実を審問で大量に絶対吐く。
[心実(を)神門(で)大陵(に)(ぜっ)太白]
商丘経渠肘痛、ショー休憩今日。
[脾実、商丘、経渠]
尺沢陰谷ハイジ、借宅 in 国。
[肺実、尺沢、陰谷]
湧泉大敦人事優先ダイエット。
[腎実、湧泉、大敦]

国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す病証に対し、施術対象となる臓腑の募穴で適切なのはどれか。
「食欲がなく、胃の膨満感や上腹部痛がある。医師から慢性胃炎と診断された。」
(あ第12回-127)[東洋医学臨床論]
大腸の腑の病による便秘に対して用いる募穴はどれか。
(あ第17回-130)[東洋医学臨床論]
頻尿に対する治療穴として適切な募穴はどれか。
(あ第18回-131)[東洋医学臨床論]
小腸の病で施術対象となる下合穴はどれか。
(あ第23回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原穴の組合せとして最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は立ちくらみ。最近しゃがんだ状態から急に立ち上がった際に気を失いそうになった。細身で食が細く、軟便になりやすい。また腰痛、難聴、手足のだるさと冷えを自覚している。舌質は淡胖。脈は沈細。」
(あ第24回-120)[東洋医学臨床論]
五労とその影響を受けやすい臓の募穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
「64歳の男性。主訴は聴力低下。半年前から徐々に右耳が聞こえにくくなり、回復しないままである。白髪が増え、腰や膝に力が入らない症状も伴う。」
(あ第25回-116)[東洋医学臨床論]
う歯による下歯痛を訴える患者に対し、鎮痛を目的として循経取穴により原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
(あ第25回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「65歳の男性。普段から食欲があまりなく、食事をすると心下につかえを感じ、嘔吐することがあるが排便により症状は軽快する。舌の強ばりや尿閉もみられる。」
(あ第27回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「52歳の女性。2か月前から難聴とともに耳鳴りを感じるようになった。右の目尻から頬にかけての痛みもあり、汗をよくかくようになった。」
(あ第28回-113)[東洋医学臨床論]
肩関節の後面に慢性的な痛みとこりを訴える患者に対し、経脈の流注を考慮して母指圧迫をする場合、適切な絡穴はどれか。
(あ第29回-135)[東洋医学臨床論]
要穴の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

要穴の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

下痢の対応で誤っているのはどれか。
(はき第1回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で適切でないのはどれか。「68歳の男性。次第に耳が聞こえなくなり、最近では耳鳴りも伴うようになってきた。耳鼻科では加齢によるものとされた。腰のだるさ、夜間頻尿があり、疲労時には耳鳴りが増強する。」
(はき第6回-136)[東洋医学臨床論]
四総穴で頭から項にかけての痛みに用いられるのはどれか。
(はき第7回-130)[東洋医学臨床論]
選穴法則における要穴を応用した配穴法と経穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第11回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、相剋関係に基づき瀉法を行う経穴はどれか。
「30歳の女性。風邪をひきやすい。薄い鼻汁、息切れ及び倦怠感を伴う。」
(はき第12回-128)[東洋医学臨床論]
頭痛に対する四総穴で適切なのはどれか。
(はき第13回-126)[東洋医学臨床論]
過多月経の治療穴で八会穴を用いる場合、適切なのはどれか。
(はき第13回-129)[東洋医学臨床論]
逆気によるのぼせ・下痢に対する施術で適切な五行穴(五兪穴)はどれか。
(はき第14回-132)[東洋医学臨床論]
筋のひきつり・けいれんに対して八会穴を用いる場合、正しいのはどれか。
(はき第15回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療で八総穴を用いる場合、正しいのはどれか。
「53歳の男性。急性の腰痛で前かがみになると増悪する。」
(はき第15回-125)東洋医学臨床論]
急性の胃痛に対して要穴を用いる場合、適切なのはどれか。
(はき第18回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し五兪穴の主治を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。「45歳の女性。右肩関節の後面に痛みがあり、右上肢後内側に放散痛がみられる。」
(はき第18回-125)[東洋医学臨床論]
「69歳の女性。10年前から、めまい発作が頻繁に出現している。耳鳴り及び難聴を伴う回転性のめまい発作で眼振も伴う。」
めまいは大都への鍼刺激で軽快した。大都について正しいのはどれか。
(はき第19回-138)[東洋医学臨床論]
五行穴を用いて施術する場合、症状と治療穴との組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第20回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に八会穴を用いて治療する場合、適切なのはどれか。
「51歳の女性。6か月前から上腕外側に刺すような痛みが発症。舌診では舌下静脈怒脹、腹診では小腹急結がみられる。脈は細濇。
(はき第21回-119)[東洋医学臨床論]
乗り物酔いで吐き気を訴える患者に対して、八脈交会穴を用いる場合に適切なのはどれか。
(はき第22回-119)[東洋医学臨床論]
逆子の灸としてよく用いる膀胱経の要穴はどれか。
(はき第22回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証について、八脈交会穴を用いた治療で最も適切なのはどれか。
「背中がこわばり、陰の部が緩んで陽の部がひきつる。」
(はき第23回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、募穴を用いて治療を行う際、最も適切なのはどれか。
「43歳の女性。子育てと仕事の両立で倦怠感と下腿のだるさが常にある。顔色は黄色で艶がなく、下痢をしやすい。舌質は淡、脈は虚。」
(はき第23回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原絡配穴法(主証、客証を踏まえて原穴と絡穴を配穴する法)の原則として適切な治療穴の組合せはどれか。
「38歳の女性。2週間前に右側の顔面神経麻痺を発症。ほぼ同時期に同側の大腿前外側から下腿前面に痛みがある。最近、右足の第1指から下腿内側の痛みが加わった。」
(はき第24回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、八会穴を用いて治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
「35歳の女性。1か月前に出産し、現在授乳中だが、乳房に張った感じがなく、乳汁の分泌が少ない。出産時に出血が多かったせいか顔色は青白く、爪や唇の色は白っぽい。舌質は淡、脈は虚細。」
(はき第25回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して原絡配穴法により治療を行う場合、経穴部位として最も適切なのはどれか。
「48歳の男性。主訴は腰痛。痛みで上体を反らすことができない。咽の渇き、陰嚢の疼痛を伴うこともある。」
(はき第25回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴で最も適切なのはどれか。
「65歳の男性。1週間前に食べ過ぎて胃のもたれ感の後、右上の奥の歯茎が腫れて痛むようになってきた。腹診では上腹部に緊張と熱感がみられ、右関上の脈は滑数。舌質はやや紅、中央に黄厚膩苔。」
(はき第26回-116)[東洋医学臨床論]
経脈病証で先に手の陽明経が病み、次に手の太陰経が病んだ場合、原絡配穴法の原則に従った選穴で正しい組合せはどれか。
(はき第26回-118)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患局所への施術対象となる経穴で最も適切なのはどれか。
「28歳の女性。テニスを10年続けて上級者となってきた。2週間ほど前から肘の内側に痛みを感じるようになった。熱感や腫脹はない。」
(はき第27回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、募穴を用いて施術をする際、最も適切な組合せはどれか。
「27歳の女性。精神的ストレスにより便秘と下痢を繰り返している。腹痛は排便により軽減する。痩せ型で腹鳴もみられることがある。」
(はき第27回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の治療穴として太衝とともに用いる原穴はどれか。
「49歳の女性。半年ほど前から、めまい、顔のほてりが起こりやすく、汗が出やすい。腰や膝がだるく、力が入らない。閉経している。舌質紅、脈細数。」
(はき第28回-122)[東洋医学臨床論]
「18歳の男性。主訴は頭痛。7日前に薄着で体が冷え、その日の夜から悪寒、発熱、頭痛を自覚し、風邪薬を飲んでも完治しない。咳と痰はなく、汗をかきやすい。舌は薄白苔、脈は浮緩。」
本症例に対する治療として適切なのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第28回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、八脈交会穴の配穴に基づき、手関節近傍の経穴に刺鍼した。もう一か所の刺鍼部位として最も適切なのはどれか。
「50歳の男性。主訴は上腹部痛。胸やけと悪心もある。」
(はき第29回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対し、八会穴を用いて治療を行う場合、膈兪とともに選穴するのはどれか。
「47歳の女性。2か月前からめまいがあり、頭部MRI検査では異常はなかった。疲れやすく、風邪を引きやすい。爪の色が薄く、経血量の減少がある。舌は淡、脈は弱を認める。」
(はき第29回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対する配穴の組合せで最も適切なのはどれか。
「50歳の女性。3週間前に旅行で歩き過ぎて右殿部から大腿外側部のつっぱり感と痛みを自覚した。足先のしびれ、こむら返り、目の疲れも気になる。舌は淡白、脈は細を認める。」
(はき第29回-148)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証を原絡配穴法で治療する場合、主証で選穴するのはどれか。
「28歳の男性。2か月前から上歯痛や鼻出血、腹鳴がみられるようになり、昨日から舌根部や心窩部が痛み、食事をすると嘔吐するようになった。」
(はき第29回-149)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。月経開始から2日間ほど月経痛が激しく、吐き気がある。腰痛もあるが、特に下腹部痛が強く憂うつになる。不正性器出血や月経周期の異常はなく、器質的な障害もない。」
痛みの原因となっている器官名と同名の腧穴に刺鍼する場合、その取り方として正しいのはどれか。
(はき第29回-156)[東洋医学臨床論]
要穴の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

【まとめ!】五兪穴・五行穴

五兪穴・五行穴とは

五兪穴は、下肢の肘関節と膝関節から末梢にある十二経脈上の経穴のうち、五行(木・火・土・金・水)の性質が付されている経穴をいいます。

経脈の五行的性質と考えあわせて、五行説に従って用いられます。


五兪穴・・・井穴、滎(栄)穴、兪穴

五行穴・・・木穴、火穴、土穴、金穴、水穴


概要

意味主治場所
井穴 脈気が出る所
  • 心下満
(心窩部の膨満感や緊張)
肝経 手足の末端穴
滎穴脈気が[したた]る所
  • 身熱
(身体の熱)
心経 末端穴から2番目
兪穴脈気が注ぐ所
  • 体重節痛
(身体が重だるく、関節が痛む)
脾経

末端穴から3番目
(胆経では4番目)

陰経では原穴と一致

経穴脈気が行く所
  • 喘咳寒熱
(喘鳴や呼吸困難、咳嗽、悪熱、発熱)
肺経

上肢では手関節付近、又は前腕下部

下肢では足関節付近、又は下腿下部

合穴脈気が入る所
  • 逆気而泄
(逆気はのぼせなど、泄はもらす)
腎経

上肢では肘関節付近

下肢では膝関節付近


【語呂】

● 井栄兪経合の語呂 ─── 精鋭、ゆけいGO!
 [井滎、兪経合!]

● 脈気の語呂 ────── 弟子祟る、粗相をしても生きている。
 [出、溜る、注(うをしても)行きて、入る。]

● 主治の語呂 ────── 精神科、えい死ねっ!優待系税外ゴーギャンの木。
 [井-心下、滎-身熱!兪-体、経-喘咳、合-逆(の)気。]


五兪穴・五行穴一覧表

井(木)穴滎(火)穴兪(土)穴経(金)穴合(水)穴語呂
肝経 大敦 行間 太衝 中封 曲泉 関大と交換、対象は中方曲線。
〔肝、大敦、行間、太衝(は)、中封、曲泉。〕
心経 少衝 少府 神門 霊道 少海 神経少々娼婦を尋問心霊どうしようかい。
〔心経、少衝、少府(を)神門、(心)霊道、少海。〕
脾経 隠白 大都 太白 商丘 陰陵泉 卑怯なインパクト大と田代昇給遠慮せん。
〔脾経(な)隠白(ト)大都、太白、商丘、陰陵泉。〕
肺経 少商 魚際 太淵 経渠 尺沢 はい、少々の魚菜、大変謙虚に借宅で。
〔肺、少商(の)魚際、太淵、経渠(に)尺沢(で)。〕
腎経 湧泉 然谷 太渓 復溜 陰谷 自由に専念、国体系副流煙濃く。
〔腎、湧(に)泉、然谷、太渓、復溜、陰谷。〕
心包経 中衝 労宮 大陵 間使 曲沢 辛抱中傷、老朽大量監視局宅。
〔心包、中衝、労宮、大陵、間使、曲沢。〕
井(金)穴滎(水)穴兪(木)穴経(火)穴合(土)穴語呂
胆経 足竅陰 侠渓 足臨泣 陽輔 陽陵泉 短足教員、今日計測で泣かないようフォローせん。
〔胆、足竅陰、侠渓、足(で)泣(かない)、陽輔、陵泉。〕
小腸経 少沢 前谷 後渓 陽谷 小海 省長妾宅、全国後継よう濃く子産み。
〔小腸、少沢、前谷、後渓、陽谷、小海。〕
胃経 厲兌 内庭 陥谷 解渓 足三里 異例だ、内定勧告会計アシ(スタント)三人。
〔胃、厲兌、内庭、陥谷、解渓、足三里。〕
大腸経 商陽 二間 三間 陽渓 曲池 大将は商用で2軒、3軒よけいに曲がって池落ちた。
〔大腸(は)商陽(で)二間、三間、陽渓(に)、曲(がって)池(落ちた)。〕
膀胱経 至陰 足通谷 束骨 崑崙 委中 暴行が死因と通告、即刻口論注意。
〔膀胱(が)至陰(と)通谷、束骨、崑崙、委⇔中。〕
三焦経 関衝 液門 中渚 支溝 天井 最初の干渉は駅の門、中傷され思考は天井に。
〔三焦(の)関衝(は)液(の)門、中渚(され)、支溝(は)天井(に)。〕


覚えたら力試し。

以下のリンク先で、問題を解くことが出来ます。

【答えよう!】五兪穴・五行穴


国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

【まとめ!】八会穴

八会穴

八会穴とは、腑、臓、髄、筋、骨、血、脈、気のそれぞれの気があつまるところで、それぞれの病に対応する経穴を用いれば効果があると言われています。


経穴語呂
蜂へケツさされた
[八会穴(さされた)]
気会 膻中 奇怪な旦那
[気会(な)、膻中]
筋会 陽陵泉 金曜は
[筋、陽(は)]
腑会 中脘 不快な中脘
[腑会(な)、中脘]
血会 膈兪 結核で
[血、膈(で)]
髄会 懸鍾 随時腱鞘炎
[髄(時)、懸鍾(炎)]
脈会 太淵 脈も大変
[脈(も)、太淵]
骨会 大杼 骨は大丈夫?
[骨(は)、大杼(夫?)]
臓会 章門 もう、ぞう(どう)しようもない。
[(もう)、臓、章門(ない。)]

国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

【まとめ!】交会穴・下合穴

交会穴

交会穴とは、経脈が2つ以上交わるところです。局所の病証を主治するだけでなく、これと交わる経脈とも密接な関係を持っています。


 経穴経脈
1 百会  足の太陽膀胱経
 手の少陽三焦経
 足の少陽胆経
 督脈
百回会っても坊さん単独。
[百(回)会(っても)膀、三、胆、督]
2 大椎  足の少陽胆経
 手の太陽小腸経
 足の陽明胃経
 手の陽明大腸経
 足の太陽膀胱経
 手の少陽三焦経
 督脈

大椎の交わりを、多少偉大な坊さんが説く。
[大椎(の交わりを)胆、小、胃、大(な)膀、三(が)、督]

(十四経脈の陽経全部=腑+督脈)
3 三陰交  足の厥陰肝経
 足の太陰脾経
 足の少陰腎経
サイン乞う韓美人。
[三陰交、肝、脾、腎]

※その他、関元(任脈)、欠盆(肺経)、三陽絡(三焦経)も交会穴のようですが、教科書に載っているのは↑上の3経穴のみです。


下合穴

下合穴とは、六腑の病の際に反応が現れやすく治療に応用される穴で、全て下肢にあります。

経穴語呂
胆の合 陽陵泉
(胆経)

[陽(陵泉)]
小腸の合 下巨虚
(胃経)

[下(巨虚)]
胃の合 足三里
(胃経)
足、
[足(三里)]
大腸の合 上巨虚
(胃経)

[上(巨虚)]
膀胱の合 委中
(膀胱経)
位中(学)
[委中(学)]
三焦の合 委陽
(膀胱経)
い~よ~。
[委(~)陽(~)]

【語呂】要下足、上位中学い~よ~。

※腑の並びはいわゆる六腑の並びです。「多少偉大な坊さん」で。


国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

【まとめ!】八脈交会穴(八総穴、八宗穴)

八脈交会穴(八総穴、八宗穴)

八脈交会穴とは、奇経八脈の主治穴(総穴、宗穴)で、正経十二経脈と奇経八脈とが密接に関係しているところです。

個々の奇経の持つ病証を元に、2つの奇経の上肢と下肢にある宗穴を1対の組み合わせにして治療に用いらます。


組み合わせ語呂
[陽蹻脈]
申脈
後渓
[督脈]
余興でシンが後家口説く、
[陽蹻(で)申(が)後渓、(口)督]
[陰維脈]
内関
公孫
[衝脈]
いい仲になって、コソコソしよう。
[陰維、内関(になって)公孫公孫、衝]
[陽維脈]
外関
[帯脈]
足臨泣
容易に外で関わるが、帯が足りず泣くはめに。
[陽維(に)外(で)関(わるが)帯(が)足臨(ず)泣(はめに)]
[任脈]
列欠
[陰蹻脈]
照海
任務決裂、隠居しようかい照る海で。
[任(務)欠⇔列、陰蹻、照海(照る海で)]

※途中で脈と穴の位置が逆になったりしているのは、ゴロを作る都合で動かしちゃっただけです。


国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

【まとめ!】四総穴

四総穴

四総穴とは、身体を四部分に分けて各部を主治する穴のことです。

対応する体の部位と経穴は、以下のようになっています。


部位経穴語呂
肚腹(腹部)の病 足三里 原さんは
[腹、三(は)]
腰背(腰部と背部)の病 委中 腰が弱いっちゅーけど、
[腰(が)腰背委中(ーけど)]
面口・面目(顔面部)の病 合谷 顔を出した合コンで
[顔(を出した)合谷(で)]
頭項(頭部と後頸部)の病 列欠 列の頭に並んでたりしそう。
[列(の)頭(に並んでたり)四総]

国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。