弁証論治の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

正気の不足や衰えた状態はどれか。
(あ第1回-110)[東洋医学概論]
八綱病証のうちで病位が臓腑にあるのを示すのはどれか。
(あ第3回-109)[東洋医学概論]
八綱病証で病位を示すのはどれか。
(あ第5回-110)[東洋医学概論]
正邪の盛衰を示すのはどれか。
(あ第7回-111)[東洋医学概論]
次の文で示す病証について適切なのはどれか。
「胃が痛み、腹部の膨満感がある。いつも食欲がなく軟便で疲れやすい。」
(あ第11回-116)[東洋医学概論]
八綱病証で表証の症状はどれか。
(あ第12回-115)[東洋医学概論]
食欲減退、下痢、月経過多を示す病証はどれか。
(あ第13回-111)[東洋医学概論]
八綱病証について正しい記述はどれか。
(あ第13回-114)[東洋医学概論]
腎の病証でみられないのはどれか。
(あ第14回-114)[東洋医学概論]
肝の病証でみられないのはどれか。
(あ第15回-108)[東洋医学概論]
八綱病証で表証の症状でないのはどれか。
(あ第18回-105)[東洋医学概論]
身体がだるく、痩せ、内臓下垂が起こるのはどの臓腑の病証か。
(あ第18回-106)[東洋医学概論]
八綱病証で実証はどれか。
(あ第19回-106)[東洋医学概論]
正邪の盛衰を示すのはどれか。
(あ第20回-109)[東洋医学概論]
八綱病証で病位を問うのはどれか。
(あ第22回-105)[東洋医学概論]
「55歳の女性。1か月前から大腿部・下腿部の後側にだるい痛みがあり、その部位を押さえると痛みは和らぎ、気持ちが良い。」
本患者の八綱病証で適切なのはどれか。
(あ第23回-100)[東洋医学概論]
八綱で病の性質を示すのはどれか。
(あ第24回-99)[東洋医学概論]
気の病証における虚証はどれか。
(あ第25回-98)[東洋医学概論]
虚証の症状はどれか。
(あ第27回-101)[東洋医学概論]
弁証論治の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

四診の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

小腹不仁はどこで診るか。
(あ第1回-113)[東洋医学概論]
聞診で診るのはどれか。
(あ第1回-114)[東洋医学概論]
力がなく細い脈の状態を何というか。
(あ第1回-115)[東洋医学概論]
西洋医学の触診に相当するのはどれか。
(あ第1回-116)[東洋医学概論]
四診のうち脈の状態を診るのはどれか。
(あ第2回-115)[東洋医学概論]
問診事項はどれか。
(あ第3回-112)[東洋医学概論]
四診について誤っている組合せはどれか。
(あ第3回-114)[東洋医学概論]
祖脈に含まれるのはどれか。
(あ第4回-114)[東洋医学概論]
圧痛を診るのはどれか。
(あ第4回-115)[東洋医学概論]
切診でないのはどれか。
(あ第5回-111)[東洋医学概論]
五香を診るのはどれか。
(あ第5回-113)[東洋医学概論]
季肋部で診る腹証はどれか。
(あ第5回-114)[東洋医学概論]
切経で実の反応はどれか。
(あ第5回-115)[東洋医学概論]
聞診で診るのはどれか。
(あ第6回-109)[東洋医学概論]
腹診で腎の臓はどこで診るか。
(あ第6回-111)[東洋医学概論]
虚の痛みはどれか。
(あ第6回-113)[東洋医学概論]
祖脈でないのはどれか。
(あ第6回-115)[東洋医学概論]
腹証で瘀血を診る部位はどれか。
(あ第7回-112)[東洋医学概論]
四診について正しい組合せはどれか。
(あ第7回-113)[東洋医学概論]
一呼吸に六動以上の脈はどれか。
(あ第7回-114)[東洋医学概論]
切診で診るのはどれか。
(あ第7回-115)[東洋医学概論]
切診事項はどれか。
(あ第8回-114)[東洋医学概論]
四診について正しい組合せはどれか。
(あ第9回-111)[東洋医学概論]
実痛はどれか。
(あ第10回-113)[東洋医学概論]
聞診で診るのはどれか。
(あ第10回-114)[東洋医学概論]
五臓の腹診で肺の臓を診る部位はどれか。
(あ第10回-115)[東洋医学概論]
問診で診るのはどれか。
(あ第10回-116)[東洋医学概論]
瘀血の腹証はどれか。
(あ第13回-115)[東洋医学概論]
腹診において腹部中央で診る臓はどれか。
(あ第14回-111)[東洋医学概論]
切経で虚の反応はどれか。
(あ第14回-112)[東洋医学概論]
問診事項はどれか。
(あ第15回-107)[東洋医学概論]
次の文で示す腹証はどれか。
「季肋下部に充満感があり、肋骨弓の下縁に指を入れようとすると抵抗、圧痛がある。」
(あ第15回-110)[東洋医学概論]
腎虚の腹証はどれか。
(あ第16回-108)[東洋医学概論]
嗅覚によって診る方法はどれか。
(あ第16回-109)[東洋医学概論]
切経で按圧によって診るのはどれか。
(あ第17回-106)[東洋医学概論]
舌診部位と臓腑の組合せで正しいのはどれか。
(あ第17回-107)[東洋医学概論]
シクシクとした持続的な痛みはどれか。
(あ第17回-108)[東洋医学概論]
小腹不仁について誤っているのはどれか。
(あ第17回-109)[東洋医学概論]
聞診で診るのはどれか。
(あ第18回-109)[東洋医学概論]
六部定位脈診で右手関上の浮の部で診るのはどれか。
(あ第18回-110)[東洋医学概論]
望診で得られる所見はどれか。
(あ第19回-108)[東洋医学概論]
四診で実の反応はどれか。
(あ第19回-109)[東洋医学概論]
腎虚の腹証はどれか。
(あ第21回-108)[東洋医学概論]
脈診で脈状をみるのはどれか。
(あ第21回-109)[東洋医学概論]
頭痛の部位と分類との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-107)[東洋医学概論]
経穴の切経で「実」の所見はどれか。
(あ第22回-108)[東洋医学概論]
平人の腹はどれか。
(あ第23回-98)[東洋医学概論]
五臓と症状の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第24回-101)[東洋医学概論]
切経で虚の所見はどれか。
(あ第24回-102)[東洋医学概論]
はっきりとしない持続的な痛みはどれか。
(あ第25回-99)[東洋医学概論]
虚労の際にみられる腹証はどれか。
(あ第26回-101)[東洋医学概論]
瘀血でみられる腹診所見はどれか。
(あ第27回-100)[東洋医学概論]
腎虚でみられる腹証はどれか。
(あ第28回-95)[東洋医学概論]
四診の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

五行学説の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

五行の金に属するのはどれか。
(あ第1回-111)[東洋医学概論]
相生関係で正しい記述はどれか。
(あ第2回-109)[東洋医学概論]
五味に属さない味はどれか。
(あ第2回-113)[東洋医学概論]
五行と五臓との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-108)[東洋医学概論]
相克関係で正しい記述はどれか。
(あ第4回-109)[東洋医学概論]
五臓と五香との組合せで正しいのはどれか。
(あ第4回-110)[東洋医学概論]
脾の臓は五行のどれに所属するか。
(あ第5回-107)[東洋医学概論]
五臓と五主との組合せで正しいのはどれか。
(あ第5回-112)[東洋医学概論]
五行の土に属するのはどれか。
(あ第6回-108)[東洋医学概論]
五臓と五根との組合せで正しいのはどれか。
(あ第7回-108)[東洋医学概論]
相剋関係で正しい記述はどれか。
(あ第8回-107)[東洋医学概論]
五行色体で精神状態を診るのはどれか。
(あ第10回-108)[東洋医学概論]
五臓と五悪との組合せで正しいのはどれか。
(あ第10回-110)[東洋医学概論]
相生関係で正しい記述はどれか。
(あ第11回-108)[東洋医学概論]
五臓と五色との組合せで正しいのはどれか。
(あ第11回-109)[東洋医学概論]
五行の色体表で耳が属するのはどれか。
(あ第12回-108)[東洋医学概論]
五臓と五液との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第12回-111)[東洋医学概論]
五主と五色との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-109)[東洋医学概論]
五行色体の五味で金に属するのはどれか。
(あ第14回-105)[東洋医学概論]
五臓の相生関係で誤っている記述はどれか。
(あ第14回-106)[東洋医学概論]
五臓と五精との組合せで正しいのはどれか。
(あ第14回-109)[東洋医学概論]
相剋関係について正しい記述はどれか。
(あ第16回-102)[東洋医学概論]
五行の木に属するのはどれか。
(あ第16回-103)[東洋医学概論]
五味と五香の組合せで正しいのはどれか。
(あ第17回-101)[東洋医学概論]
心を剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第17回-104)[東洋医学概論]
胆を剋する腑の生理作用はどれか。
(あ第18回-103)[東洋医学概論]
五行色体で共に金に属するものの組合せはどれか。
(あ第19回-101)[東洋医学概論]
腎と相生関係にある臓の生理作用はどれか。
(あ第19回-103)[東洋医学概論]
五行色体で共に土に属する組合せはどれか。
(あ第20回-101)[東洋医学概論]
心と相剋関係にある臓の生理作用はどれか。
(あ第20回-105)[東洋医学概論]
五志と五臓との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-104)[東洋医学概論]
五臓と五官との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-101)[東洋医学概論]
五行色体の組合せで正しいのはどれか。
(あ第23回-92)[東洋医学概論]
五行色体で正しい組合せはどれか。
(あ第25回-91)[東洋医学概論]
五行色体で相生関係にある組合せはどれか。
(あ第26回-92)[東洋医学概論]
五行色体の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-93)[東洋医学概論]
腎を剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第27回-92)[東洋医学概論]
五行色体における五主と五官の組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-92)[東洋医学概論]
心が剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第28回-97)[東洋医学概論]
五行学説の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

陰陽学説の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

陰陽の説明で正しいのはどれか。
(あ第1回-108)[東洋医学概論]
陽に属するのはどれか。
(あ第1回-109)[東洋医学概論]
陰に属するのはどれか。
(あ第2回-107)[東洋医学概論]
陰に属するのはどれか。
(あ第4回-111)[東洋医学概論]
体の区分で陽に属するのはどれか。
(あ第6回-107)[東洋医学概論]
陽に属するのはどれか。
(あ第7回-127)[東洋医学概論]
体の区分で陰に属するのはどれか。
(あ第11回-107)[東洋医学概論]
陰に属するのはどれか。
(あ第12回-107)[東洋医学概論]
陽に属するのはどれか。
(あ第13回-107)[東洋医学概論]
陽に属するのはどれか。
(あ第15回-101)[東洋医学概論]
陰陽消長を示すのはどれか。
(あ第16回-101)[東洋医学概論]
陰に属するのはどれか。
(あ第18回-101)[東洋医学概論]
陰陽学説で営と同じ属性をもつのはどれか。
(あ第24回-92)[東洋医学概論]
陰陽学説の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

病因病機の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

不内外因はどれか。
(あ第1回-107)[東洋医学概論]
病因のうち外因はどれか。
(あ第2回-111)[東洋医学概論]
肝を傷つけやすい邪気はどれか。
(あ第2回-112)[東洋医学概論]
内因はどれか。
(あ第3回-113)[東洋医学概論]
外因はどれか。
(あ第4回-113)[東洋医学概論]
内因はどれか。
(あ第6回-112)[東洋医学概論]
土用(長夏)の主たる気はどれか。
(あ第8回-109)[東洋医学概論]
外因はどれか。
(あ第11回-114)[東洋医学概論]
内因によって起こる症状で正しいのはどれか。
(あ第12回-112)[東洋医学概論]
不内外因はどれか。
(あ第12回-113)[東洋医学概論]
心を傷る外邪はどれか。
(あ第12回-114)[東洋医学概論]
不内外因によるものはどれか。
(あ第14回-113)[東洋医学概論]
外因はどれか。
(あ第15回-106)[東洋医学概論]
外因のうちで陰性の邪はどれか。
(あ第16回-106)[東洋医学概論]
風邪について誤っているのはどれか。
(あ第18回-104)[東洋医学概論]
内因はどれか。
(あ第19回-105)[東洋医学概論]
疫癘に該当するのはどれか。
(あ第20回-107)[東洋医学概論]
三毒説と関係するのはどれか。
(あ第20回-108)[東洋医学概論]
関節の腫れを起こす病邪はどれか。
(あ第21回-105)[東洋医学概論]
外因となるのはどれか。
(あ第21回-106)[東洋医学概論]
不内外因はどれか。
(あ第21回-107)[東洋医学概論]
六淫の風邪に冒されやすい臓はどれか。
(あ第22回-103)[東洋医学概論]
痹証で遊走性の痛みを示すのはどれか。
(あ第23回-97)[東洋医学概論]
肝を傷りやすい病因はどれか。
(あ第24回-98)[東洋医学概論]
外因の火邪に犯されやすい臓はどれか。
(あ第25回-95)[東洋医学概論]
腎を傷りやすい病因はどれか。
(あ第25回-96)[東洋医学概論]
外因について正しいのはどれか。
(あ第26回-97)[東洋医学概論]
病因について適切なのはどれか。
(あ第26回-98)[東洋医学概論]
心を犯しやすい外邪の特徴はどれか。
(あ第27回-96)[東洋医学概論]
六淫とその特徴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-98)[東洋医学概論]
病因病機の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

経絡の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

次の病証を示す経絡はどれか。
「顔色は黒く、喘鳴や立ちくらみがあり、よく恐れる。」
(あ第9回-107)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証で適切なのはどれか。
「難聴、耳鳴り、のどの腫れ、上肢の後側から第4指に沿った痛み。」
(あ第12回-116)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「歯痛、鼻出血、のどの痛み、上肢外側の痛み。」
(あ第13回-116)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証はどれか。
「咽頭・喉頭に炎症があり、耳鳴りがする。汗をよくかき薬指がしびれる。」
(あ第15回-109)[東洋医学概論]
側頭部の痛みを訴える病証に関係する経脈の絡穴はどれか。
(あ第18回-107)[東洋医学概論]
肝経の経脈病証の症状はどれか。
(あ第18回-108)[東洋医学概論]
脾経の経脈病証について正しい記述はどれか。
(あ第20回-110)[東洋医学概論]
「55歳の女性。1か月前から大腿部・下腿部の後側にだるい痛みがあり、その部位を押さえると痛みは和らぎ、気持ちが良い。」
本症例の経脈病証はどれか。
(あ第23回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す経脈の病証はどれか。
「65歳の女性。3週間前から全身の倦怠感がある。胸が苦しくて、みぞおちの痛みがあり、腹の膨満感がある。下肢内側に腫れを認め、足の母指が動かしにくい。」
(あ第24回-100)[東洋医学概論]
小腸経の経脈病証でみられるのはどれか。
(あ第25回-97)[東洋医学概論]
朝起きたら下顎が腫れ、頸が回りにくくなった。この病証の経脈はどれか。
(あ第26回-100)[東洋医学概論]
経絡の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

蔵象の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

臓腑の表裏関係で誤っているのはどれか。
(あ第1回-112)[東洋医学概論]
脾は何番目の胸椎に付くか。
(あ第2回-108)[東洋医学概論]
表裏関係で正しい組合せはどれか。
(あ第2回-110)[東洋医学概論]
次の文で示す症状はどの臓腑の病か。
「顔色は青く、酸味を好み、目がかすみ、夜間にふくらはぎがつる。」
(あ第2回-116)[東洋医学概論]
耳と骨とに関係する臓はどれか。
(あ第3回-111)[東洋医学概論]
腎の臓の働きでないのはどれか。
(あ第4回-107)[東洋医学概論]
六腑に属さないのはどれか。
(あ第5回-108)[東洋医学概論]
臓腑の表裏関係で誤っているのはどれか。
(あ第6回-114)[東洋医学概論]
脾の臓に関与しないのはどれか。
(あ第7回-109)[東洋医学概論]
津液の宣散、粛降を主るのはどれか。
(あ第7回-110)[東洋医学概論]
臓腑の表裏関係で正しいのはどれか。
(あ第8回-108)[東洋医学概論]
魂を宿し血を蔵するのはどれか。
(あ第8回-110)[東洋医学概論]
鼻と皮膚に関係する臓はどれか。
(あ第8回-111)[東洋医学概論]
六腑に属するのはどれか。
(あ第9回-109)[東洋医学概論]
筋や目に関係する臓はどれか。
(あ第9回-110)[東洋医学概論]
東洋医学の用語についての記述で誤っているのはどれか。
(あ第10回-107)[東洋医学概論]
「名のみありて、形なし」と記されている臓腑はどれか。
(あ第10回-109)[東洋医学概論]
五臓とその機能との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-111)[東洋医学概論]
先天の原気を宿すのはどれか。
(あ第10回-112)[東洋医学概論]
決断の精神作用を有するのはどれか。
(あ第11回-110)[東洋医学概論]
疏泄の失調により起こりやすくなるのはどの臓腑の病変か。
(あ第11回-115)[東洋医学概論]
第5胸椎に付着する臓腑はどれか。
(あ第12回-109)[東洋医学概論]
臓腑の表裏関係で誤っているのはどれか。
(あ第12回-110)[東洋医学概論]
胆について誤っているのはどれか。
(あ第13回-108)[東洋医学概論]
心の臓の作用で正しいのはどれか。
(あ第13回-112)[東洋医学概論]
五臓について誤っている記述はどれか。
(あ第14回-110)[東洋医学概論]
腎が開竅するのはどれか。
(あ第15回-102)[東洋医学概論]
肺の生理作用はどれか。
(あ第15回-103)[東洋医学概論]
脾について誤っているのはどれか。
(あ第15回-104)[東洋医学概論]
大腸について正しいのはどれか。
(あ第16回-104)[東洋医学概論]
五臓の生理機能について誤っている記述はどれか。
(あ第16回-107)[東洋医学概論]
肝の臓について誤っているのはどれか。
(あ第17回-103)[東洋医学概論]
心を剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第17回-104)[東洋医学概論]
次の文で示す患者の病証として適切なのはどれか。
「40歳の男性。食欲がなく、食べると腹が張り、便は軟らかい。四肢が冷えて疲れやすい。」
(あ第17回-105)[東洋医学概論]
胆を剋する腑の生理作用はどれか。
(あ第18回-103)[東洋医学概論]
腎と相生関係にある臓の生理作用はどれか。
(あ第19回-103)[東洋医学概論]
六臓六腑に属するのはどれか。
(あ第19回-104)[東洋医学概論]
宣発作用の失調で起こる病証はどれか。
(あ第19回-107)[東洋医学概論]
脾の生理作用で正しいのはどれか。
(あ第20回-104)[東洋医学概論]
心と相剋関係にある臓の生理作用はどれか。
(あ第20回-105)[東洋医学概論]
第3胸椎に付着する臓腑の作用はどれか。
(あ第20回-106)[東洋医学概論]
臓腑について正しい記述はどれか。
(あ第20回-111)[東洋医学概論]
三焦気化について正しいのはどれか。
(あ第21回-102)[東洋医学概論]
運化作用の失調で起こるのはどれか。
(あ第22回-106)[東洋医学概論]
心と表裏関係にある腑の生理作用はどれか。
(あ第23回-93)[東洋医学概論]
臓腑の付着位置とその臓腑の機能の組合せで正しいのはどれか。
(あ第23回-94)[東洋医学概論]
舌に開竅する臓はどれか。
(あ第23回-95)[東洋医学概論]
三焦の働きで最も適切なのはどれか。
(あ第23回-96)[東洋医学概論]
五臓に関する組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-93)[東洋医学概論]
舌に開竅する臓が蔵すのはどれか。
(あ第24回-96)[東洋医学概論]
決断を主る臓腑はどれか。
(あ第24回-97)[東洋医学概論]
五臓とその働きの組合せで正しいのはどれか。
(あ第25回-93)[東洋医学概論]
治節を主るのはどれか。
(あ第25回-94)[東洋医学概論]
小腸の働きで正しいのはどれか。
(あ第26回-96)[東洋医学概論]
脾の運化作用の失調による症状で最も適切なのはどれか。
(あ第26回-99)[東洋医学概論]
腎を剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第27回-92)[東洋医学概論]
清濁を分ける腑と表裏関係にある臓の生理作用はどれか。
(あ第27回-93)[東洋医学概論]
胃の生理作用で正しいのはどれか。
(あ第27回-94)[東洋医学概論]
考え過ぎると傷つきやすい臓はどれか。
(あ第27回-95)[東洋医学概論]
肝血虚証でみられる症状はどれか。
(あ第27回-98)[東洋医学概論]
「神明を主る」の失調による症状で最も適切なのはどれか。
(あ第27回-99)[東洋医学概論]
肺の生理作用はどれか。
(あ第28回-94)[東洋医学概論]
腐熟を主る臓腑と表裏関係にある臓腑の生理作用はどれか。
(あ第28回-96)[東洋医学概論]
心が剋する臓の生理作用はどれか。
(あ第28回-97)[東洋医学概論]
第3胸椎に付着する臓と表裏関係にある腑の生理作用はどれか。
(あ第28回-99)[東洋医学概論]
納気の失調で最も起こりやすい症状はどれか。
(あ第28回-101)[東洋医学概論]
蔵象の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

生理物質と神の過去問題[東概](あん摩マッサージ指圧師編)

瘀血の症状で適切でないのはどれか。
(あ第3回-110)[東洋医学概論]
津液の代謝に直接関係しない臓器はどれか。
(あ第4回-108)[東洋医学概論]
五臓と七情との組合せで正しいのはどれか。
(あ第4回-112)[東洋医学概論]
気の作用で正常な体温を維持するのはどれか。
(あ第5回-109)[東洋医学概論]
肝を傷るのはどれか。
(あ第6回-110)[東洋医学概論]
津液の不足による症状でないのはどれか。
(あ第8回-112)[東洋医学概論]
瘀血の症状で適切でないのはどれか。
(あ第8回-113)[東洋医学概論]
脾を傷る七情はどれか。
(あ第9回-108)[東洋医学概論]
瘀血の症状として適切でないのはどれか。
(あ第11回-111)[東洋医学概論]
七情のうち肺の病を引き起こすのはどれか。
(あ第11回-112)[東洋医学概論]
気の機能で血を脈外に漏らさないようにするのはどれか。
(あ第11回-113)[東洋医学概論]
五臓と七情との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-110)[東洋医学概論]
津液について正しいのはどれか。
(あ第13回-113)[東洋医学概論]
気の作用で物質をエネルギーに変えるのはどれか。
(あ第14回-107)[東洋医学概論]
後天の精を生成する臓で中心となるのはどれか。
(あ第14回-108)[東洋医学概論]
津液や血の形成にかかわる気の作用はどれか。
(あ第15回-105)[東洋医学概論]
津液が汗や尿に変化する作用はどれか。
(あ第16回-105)[東洋医学概論]
強い怒りによって傷られる臓はどれか。
(あ第17回-102)[東洋医学概論]
真気の作用のうち「汗や尿がむやみに漏れ出るのを防ぐ」のはどれか。
(あ第18回-102)[東洋医学概論]
津液を生成する臓腑はどれか。
(あ第19回-102)[東洋医学概論]
血の生成に関与する気はどれか。
(あ第20回-102)[東洋医学概論]
血を脈外に漏らさないようにするのはどれか。
(あ第20回-103)[東洋医学概論]
気滞の症状はどれか。
(あ第21回-101)[東洋医学概論]
津液を散布する臓はどれか。
(あ第21回-103)[東洋医学概論]
尿が漏れ出るのを防ぐ気の作用はどれか。
(あ第22回-102)[東洋医学概論]
大喜が傷るのはどれか。
(あ第22回-104)[東洋医学概論]
深い悲しみにより、病変が起きやすい臓腑はどれか。
(あ第23回-91)[東洋医学概論]
気滞の症状はどれか。
(あ第23回-99)[東洋医学概論]